記憶が残っているうちに登山記録を書こうと思いましたが、写真整理だけで相当な時間を要するため、とりあえず記録はダイジェストでお伝えします。ちなみに今回撮影した写真枚数は何と約2,000枚。その内パノラマ写真は1,300枚77パノラマ分もあるので、全部
作成し終わるのに相当な時間を要するものと思われます。(3日連続定時ダッシュで帰って作業しても、中々終わらないー。)

では、GW九州遠征の初日のダイジェストです。

年月日:2007年4月28日(土)
天気:晴れ
行程:鹿児島空港→開聞岳→長崎鼻→魚見岳展望台→道の駅喜入→大浪池登山口(車中泊)

【10:23 鹿児島空港】

30分遅れて鹿児島空港に到着。
空港からは今回の遠征で登る予定の霧島山が見えてましたね。
土曜日だけ晴れという予報が、直前の天気予報では明日も晴れの予報となったため、初日に登る予定にしていた霧島山は明日縦走する計画に変更して今日は開聞岳に登る事にした。鹿児島空港から開聞岳までは結構な距離があるので、レンタカーを借りてすぐさま開聞岳へ車を走らせる。

【12:34 池田湖】

開聞岳に向かう途中で通りかかった池田湖でパノラマ写真を撮影。湖畔の花壇には沢山の花が植えられていて綺麗だったなー。意外かもしれないけど、山頂からのパノラマよりもこういった花と山そのものが写っているパノラマが一番好きだったりします。

【14:37 開聞岳】

「かいもん山麓ふれあい公園」に車をとめて、ザックに水と三脚だけ入れて登る。ドタバタしていて朝から何も食べていないのでシャリバテしないように急がずに登ったのだが、それでもわずか1時間半で登頂。山頂からは薩摩半島は勿論、向かいの大隈半島や太平洋が見え、展望は中々良い感じだ。僕は海が見える山頂が大好きなので、この山頂は結構評価が高いです。

開聞岳山頂のパノラマ写真を見る

【16:51 長崎鼻】

開聞岳を下山した後は、せっかくなので薩摩半島最南端の長崎鼻を観光。ちなみに九州本土最南端は向かいの大隈半島にある佐多岬です。
波しぶきとその先に開聞岳って感じで撮りたかったけど、波が穏やかで格好良くは撮れませんでした。

【18:03 魚見岳展望台】

「指宿温泉で有名な指宿(いぶすき)ってどんな所なんだ?」と前々から思っていたので、ちょっと遠回りになるが指宿に寄り道してから霧島山の登山口に向かう
事にする。
指宿で有名な「砂蒸し風呂」の体験もしたかったが、一人で蒸されても何だか寂しいので、ガイドブックに載っていた「魚見岳展望台」に登る事にした。
車で山頂直下まで移動し、鉄階段を登ると眼下には夕日に染まる指宿市内とその先に開聞岳まで見えて、中々良い展望だった。

この後は何故か指宿温泉に寄らず、「道の駅喜入」で鹿児島ラーメンを食し(黒豚チャーシューが美味かった!)、敷地内にある「八幡温泉保養館」で温泉に入ってから、霧島山の大浪池登山口に移動して車中泊。

とまぁ、こんな感じで1日目は終わりです。

2日目のダイジェストはまた後日。