明けましておめでとうございます。

今年の正月は北海道の実家に帰省して、スキーを利用して地元の岩部岳・燈明岳といった超マイナーな山に登る予定でしたが、これがまた全くもって雪がない!

雪が無ければ藪を漕いで登らないといけないので、結局諦めてスキー場に行ってスキーの練習してました。

しかしこれまた暖冬の影響かゲレンデも地肌が見えている箇所もあったり、人工雪のアイスバーンだったりして滑っていてもつまらない!

という事で結局山の写真を撮影して、あとは食っちゃ寝を繰り返して2kg太って帰ってきましたよ。

で、ネタも無いので北海道の山を紹介。下の写真は函館近辺の大沼公園に聳える「北海道駒ヶ岳(蝦夷・渡島駒ヶ岳)」です。

「駒ヶ岳」は全国に沢山ありますが、北海道の道南地方に住んでいる人達の「駒ヶ岳」といえばこの山です。

標高は1,131mと他の駒ヶ岳に比べると低いのですが、この山には他の駒ヶ岳には無い槍ヶ岳以上の穂先があり、この穂先は余りにも大きく尖っているので正直初めて北アルプスの槍ヶ岳を見た時も大して驚かなかった位です。

この山は小学校の遠足で登っているのですが、全く持って記憶に残っていないのでいずれ登ってみたいです。

でも火山活動により入山禁止となっているので登れません。中には警告を無視して登っている人達もおりますが、登山者が登る事で火山活動観測の精密観測に障害が発生すると言われてしまっては登れないですよねぇ。

と、ネタが無いので山紹介でした。

今年はまだ山に登っていないので、初めての山はどこの山にしようかな~。


凍った大沼と駒ヶ岳


駒ヶ岳の穂先をズームイン