中央アルプスの稜線でまだ歩いていない「極楽平~空木岳間」の登山情報をネットで検索していると、駒ヶ岳ロープウェイのHPで「ロープウェイ点検のため1週間運休」の情報を入手。

「ロープウェイが運休=木曽駒ヶ岳・宝剣岳付近は人が少ない」とすぐにピーンときて、人混みが苦手な僕にとっては千載一遇のチャンスが舞い込んできたため、6/22(土)~23(日)に北御所登山口から入山し宝剣岳を経由して空木岳へと続く稜線を歩いてきました。

歩いた結果ですが予想通り人は少なく、北御所登山口~空木岳の間で出会った人は宝剣山荘の管理人と檜尾避難小屋に一緒に泊まった大学生グループだけであり、ほぼ貸切で稜線漫歩する事ができました。

天気のほうは1日目は曇りがちで避難小屋到着間際に雷が鳴るも雨に降られずセーフ。2日目は真っ赤に焼けたモルゲンロートから始まり、空木岳到着までは何とか晴れてくれてパノラマ写真も沢山撮影できました。

6月は夏山本番前で稜線部にまだ残雪が残っているため注意が必要ですが、アイゼン使える方であれば歩けない事もないので人混みが苦手な方はこの時期の稜線歩きはおすすめです。ただし、花好きの方は稜線部の高山植物は咲き始めのため微妙かも。

撮影した写真

DSC06329
ちょっとズルして菅ノ台バスセンターPから北御所登山口まではタクシーを利用

DSC06349
稜線上には水場が無いため、清水平の水場で水を確保して5リットル背負って登った

DSC06356
登山道中腹から檜尾岳と空木岳

DSC06359
登山道中腹から南アルプス中央部の山々を望む

DSC06424
伊那前岳付近からはガスに覆われた

DSC06433
乗越浄土は完全にガスの中

DSC06438
宝剣山荘の若い管理人がストーブを炊いて休憩させてくれた。(休憩代を払おうとしても受け取ってくれなかった。感謝です。)

DSC06514
稜線上はハクサンイチゲが咲き始めていた

DSC06526
ガスって展望がないので檜尾避難小屋にワープ。

DSC06619
檜尾避難小屋内部。マットもシュラフも何故かファブリーズまで常備(緊急時用)されており、先日亡くなった韓国の登山者もこの小屋を見つけていれば・・・。

DSC06612
2日目はモルゲンロートの朝を迎え、空木岳が赤く染まる

DSC06660
稜線上より空木岳

DSC06666
稜線上より三ノ沢岳と御嶽山

DSC06738
稜線上より御嶽山をズーム。もう一度登りたい。

DSC06800
東川岳から空木岳を望む

DSC06838
空木岳手前から南駒ヶ岳を望む。

DSC06864
僕の好きな景色。この景色を望めただけで幸せで来て良かったと思った。

DSC06916
空木岳から南駒ヶ岳方面を望む

DSC06921
空木岳山頂から木曽駒ヶ岳方面を望む

DSC06932
帰りは空木岳山頂で出会った地元の登山者と話をしながら池山方面に下る

DSC06972
標高差約2000mを下って、菅ノ台バスセンターPに到着。ロープウェイが運休のため、駐車場はガラガラだった。

撮影したパノラマ写真

chuoalps130622-1mini
北御所登山道八合目

chuoalps130622-2mini
北御所登山道八合目

chuoalps130622-3mini
檜尾避難小屋

chuoalps130623-1mini
檜尾避難小屋

chuoalps130623-2mini
檜尾避難小屋

chuoalps130623-3mini
檜尾岳山頂

chuoalps130623-4mini
熊沢岳山頂

chuoalps130623-5mini
熊沢岳山頂

chuoalps130623-6mini
東川岳山頂

chuoalps130623-7mini
東川岳山頂

chuoalps130623-8mini
東川岳山頂

chuoalps130623-9mini
木曽殿山荘

chuoalps130623-10mini
空木岳山頂

chuoalps130623-11mini
空木岳山頂