先週末に登った剱岳の山頂では残念ながらパノラマ写真は撮影できませんでしたが、早月尾根と室堂平のパノラマ写真が何とか人に見せられる状態となりましたので公開します。

早月尾根の登山道の状況ですが、1,920mの三角点から雪道となり、1,920mの三角点から早月小屋までの間は、以下のパノラマ写真のような感じの残雪斜面のトラバースが続きます。この残雪斜面のトラバースが曲者で、斜面が池ノ谷側に切れ落ちていて底も見えないので滑落したらまず助からないでしょうし、発見するのも難しいと思います(登山道を整備していた男性も同じ事を言っていました。)。

早月小屋から剱岳までの間は残雪斜面のトラバースと夏道が交互に続きますが、斜度が50度位もあり更にレベルアップ。急な斜面をキックステップでつま先立ちで登らなければならない個所が何か所もあり、まるでアイスクライミングをしているかのように感じられます。僕はアイゼンを履いたり脱いだりが面倒なので強引に斜面を蹴り込んで足場を作りましたが、アイゼンを履いたほうが安全に登れると思います。

hayatsuki01mini
早月尾根(標高2,000m付近)にて撮影

murodou03mini
室堂平にて撮影