012hachimantai

解説

八幡平(はちまんたい)は、奥羽山脈北部の山群である。標高1,614 m。岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる。広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在する。山域は1956年に十和田八幡平国立公園に指定されている。およそ100万年前に噴出したいくつかの火山でできている。山頂部のなだらかな様子から楯状火山とされていたが、現在では山頂が台地状になった成層火山だといわれている。頂上部には9千~5千年前に発生した水蒸気爆発により多くの火口ができている。その火口に水がたまり、八幡沼やガマ沼、メガネ沼などの沢山の火口沼が形成された。

出典:Wikipedia『八幡平

パノラマ写真

0705hachiman01mini
ガマ沼付近 PConly

1103hachiman01mini
茶臼岳 PConly

1103hachiman03mini
源太森 PConly

1103hachiman04mini
八幡平 PConly

登山記録

八幡平の登山記録(2006年11月3日)