010iwaki

解説

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山である。標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。日本百名山および新日本百名山に選定されている。その山容から津軽富士とも呼ばれるほか、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」あるいは「お岩木様」とも呼ばれる。
岩木山は円錐形の成層火山(コニーデ型)で、山頂は三つの峰にわかれており、弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山とされるが、これらは火山活動により生じた外輪山の一部である、山頂に一等三角点が設置されている。気象庁によると、もともと山頂にあった直径800mの破壊された火口に溶岩ドームが生じて、現在の三峰のもとになった。それらの溶岩ドームは1万年より新しいとされている。岩木山の西麓や南麓にも3個の側火山があり、他にも山腹に多数の爆裂火口がみられる。また、 山頂から北東にある赤倉沢の馬蹄形火口は大規模な山体崩壊を示しており、北東山麓の岩屑なだれ堆積物には、かつての崩壊の影響による、多数の流れ山地形がみられる。なお、岩木山の地質は安山岩(SiO2 56 – 64%)からなる。

出典:Wikipedia『岩木山

パノラマ写真

140809iwaki01mini
種蒔苗代

140809iwaki02mini
岩木山

140809iwaki03mini
岩木山

0429iwaki01mini
姥石

0429iwaki02mini
百沢コース登山道

0429iwaki03mini
鳳鳴ヒュッテ

0429iwaki04mini
岩木山

0429iwaki05mini
岩木山

0429iwaki06mini
岩木山

0430iwaki01mini
岩木山スカイライン PConly

0430iwaki02mini
岩木山スカイライン PConly

登山記録

岩木山の登山記録(2014年8月9日)
岩木山の登山記録(2004年4月29-30日)