001rishiri

解説

利尻山(りしりざん)は、北海道の利尻島に位置する独立峰で標高1,721m。利尻町、利尻富士町の2町にまたがる成層火山で、利尻礼文サロベツ国立公園内の山域は特別区域に指定され、日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。
国土地理院では利尻山(りしりざん)という名称がつけられているほか、「利尻岳」、「利尻富士」、「利尻火山」とも呼ばれる。高山植物が生息し、夏季は多くの登山客が訪れる。
約20万年前から活動を行い、約4万年前頃に現在の形に近い物となった。南山麓で8千~2千年前以前に起きた噴火でマールやスコリア丘を形成して以降、活動を休止し火山活動を示す兆候は無い。活動を休止してからの期間が長いため、山頂部を中心に侵食が著しく進み、火口などの顕著な火山地形は失われている。従って、火山の内部構造を観察できる。

出典:Wikipedia『利尻山

パノラマ写真

0921rishiri02mini大ポン山 PConly

0922rishiri01mini
利尻山 PConly

0922rishiri02mini
利尻山 PConly

0922rishiri03mini
利尻山 PConly

0922rishiri04mini
利尻山 PConly

0922rishiri05mini
長官山 PConly

登山記録

利尻山の登山記録(2010年9月21日)